資材、設計・開発ご担当者様向け受託製造情報サイト "TECH-KNOWLEDGE"

設計・開発、資材調達ご担当者様向けの技術情報

受託製造に関するコストや納期、各種製造方法の特色について、
  現場目線の実用的な情報を掲載していきます
  ※ 専門的な詳細事項につきましては、各種専門書等をご参照下さい

受託製造について

SamplePhotos03.jpg

もっともっと知ってほしい! 受託製造業(町工場)とは

 日本の製造業を支える町工場の役割や現在の状況を簡単にご説明します。

詳しくはこちらLinkIcon

「高い?」「安い!」見る人によって違う 製造費用の考え方

 受託製造費用はどのように決まっているのでしょうか。その基本となる考え方を簡単に解説します。

詳しくはこちらLinkIcon

町工場の工程管理は「モザイク模様」!? 製造納期の考え方

 受託製造は大きく二つの流れがあります。簡単に言えば、量産・リピート加工品の製造受託と試作・開発など単発案件の製造受託です。実際にはこの二つをうまく組み合わせてやりくりしている町工場がほとんどです。その実情と、そこから出てくる納期対応の考え方を簡単に解説します。

詳しくはこちらLinkIcon

働くって実はこういう事!? - 受託製造業の生産性について考える

 日本の労働者1人当たりの付加価値額は、世界的にみてどの位置にあるのでしょうか。製造業以外でも考えておきたい、労働の生産性についてまとめます。

その① あなたの仕事の価値とは!? - 労働者の生産性
 まずは労働者の平均的な給与などのデータから、国際比較なども踏まえて、日本人労働者の一人当たりの労働生産性について考えてみます。あなたの仕事は、会社にとってどの程度の価値になるのでしょうか。

詳しくはこちらLinkIcon

その② 製造業は儲かビジネス!? - 製造業の生産性
 製造業における付加価値、労働生産性とは何か、あるいはどのように決めるべきでしょうか。時間チャージと工数から付加価値額の決め方について考えてみます。製造業はサービス業と比べて生産性が高いと言われますが、実態はどうでしょうか。

詳しくはこちらLinkIcon

本当に存亡の危機なのか!? - 受託製造業の継続性について考える

 受託製造業は今、事業者数が急激に減っています。その理由や問題点について、物価の変化やビジネススタイルの変化等の観点から考えてみます。

その① 物価と受注価格
 何故受託製造業のビジネスは厳しいのでしょうか。まずは物価の変動と、受注価格の硬直性について考えてみます。

詳しくはこちらLinkIcon

その② 変化し始めた町工場
 各種の統計結果を見ながら、日本国内で中小製造業が現在置かれている深刻な状況と、現在起こりつつある変化について考えてみます。

詳しくはこちらLinkIcon

その③ 見えてきた光明
 新興国や他の主要国の統計データを見ながら、国際的な製造業の趨勢と、その中で日本の中小製造業が置かれている状況を考えてみます。悲観ばかりしていられない、大きな活路が見えてくるかもしれません。

詳しくはこちらLinkIcon

22世紀へのモノづくりのカタチとは

 最後に当社の考える22世紀へ向けたモノづくりの形について提案いたします。

 現在では、サプライヤーとしての中小製造業だけが厳しい状況に置かれているわけではないと思います。メーカーサイドでも抱えている問題も踏まえた上で、より発展的な形としてメーカーと中小製造業が対等なパートナーとして互いの付加価値を向上させていく必要があると思います。

 中小製造業クラスタとハブ企業という考え方で、スキームチェンジを試みます。

詳しくはこちらLinkIcon

切削加工の基本と応用

SamplePhotos.gif

どんな形状でも実現!! 切削加工とは

 切削加工(フライス加工)とはエンドミルという回転工具を回転させ、素材を削っていく事で形状を作りだす加工方法です。高精度でスピーディに形状加工できることから、試作、単品加工や高付加価値部品の製造に適しています。
 切削加工の基本的な考え方を解説します。

詳しくはこちらLinkIcon

切削加工で「できること」と「できないこと」

 切削加工はいわゆるNC制御により、設計者様の好きな形状を作りだす事が容易で汎用性のある加工方法です。切削加工で「できること」と「できないこと」を簡単に解説します。

詳しくはこちらLinkIcon

実はこんなに大変! 切削加工の「段取り」とは

 切削加工はその汎用性の高さ、加工精度の高さから、大変便利な加工方法です。しかし、複雑、精密な加工になるほど、その準備段階である「段取り」に時間とノウハウは必要となります。

詳しくはこちらLinkIcon

現在の最先端「同時5軸加工」

 色々な形状を実現できる切削加工の中でも、とりわけ5軸加工と呼ばれる加工方法があります。素材をぐるぐる回しながら色々な方向からエンドミルをアクセスさせて削ることができます。この5軸加工について解説します。

詳しくはこちらLinkIcon

製缶・板金加工の基本と応用

SamplePhotos02.jpg

身近なモノは製缶・板金加工品がほとんど

 金属の板やアングル材、パイプ材などを切って、曲げて、くっつけて、磨いて、etc。こういった加工は製缶加工、板金加工などと呼ばれます。身の回りを見渡してもこういった加工品は多いのではないでしょうか。製缶・板金加工の基本事項について解説します。

詳しくはこちらLinkIcon

実はこんなに凄い! 溶接加工の色々

 溶接加工は用途や形式によって様々な手法があります。その手法の違いや特色について解説します。

詳しくはこちらLinkIcon

溶接加工で「できる事」と「できない事」

 溶接加工で色々なパーツを繋ぎ合わせれば何でもできる、というわけではありません。その原因は溶接時の熱による「歪み」です。また、薄板の溶接ではどうしても溶接で繋げない限度があります。このような溶接でできる事とできない事について解説します。

詳しくはこちらLinkIcon

TECH-KNOWLEDGEのお問合せ先

「街の板金屋 小川製作所」
〒124-0021 東京都葛飾区細田1-10-20
TEL: 03-3657-4196
FAX: 03-3673-4755
Mail: info@bangking-yeah.com
URL: http://www.bangking-yeah.com

LOGO.gif.png